◆管理人より◆

更新のお知らせや緊急時の情報をお伝えする為にtwitterを使用しております。HP内の青文字をクリックすると詳細ページやブログにいけます。スケジュールカレンダーの行事項目をクリックすると詳細が出ます。

 

地震・避難時の対応

阪神淡路大震災に遭われた人からのこれだけは知っておいて!です

・避難した時

阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、

「治安悪化」による「人災」です。大切な人を守ってください。

一人でいる人は、最寄りの知り合いと

小さくてもいいのでコミュニティを作りましょう。

 

・避難した女性の方

絶対に一人で公衆トイレに行かないで。便乗する性犯罪者がいます。

常に誰かと行動して、トイレも二人以上で行くようにしてください。

 

・赤ちゃんがいる方

赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、

クッションになるようなものを置いて下さい。

阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。

彼の死を無駄にしないで。

 

・電話の使用は極力避けてください

非常の為の119番や110番がかかりづらくなります。

安否の確認は災害用伝言ダイアル171番

またはtwitterなどのインターネットの利用をお願いします。

 

・地震が起こったら、必ず窓を開けてください

家にいる人は、水道が止まる前にお風呂に水を溜めてください。

まだ電器が通じる人はご飯を炊いて下さい。

インターネットが使える内に避難所の確認をしてください。

 

・停電をした地域は必ずブレーカーを全て落としてください

避難する時にも絶対にブレーカーを落としてください。

送電時に火災になり家が燃えてしまいます。

停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いです。

通電したら小さなブレーカーからひとつずつ入れてください。

漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、

電気事業者等に連絡をとりましょう。

 

・ガスの元栓は閉めてください

ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。

 

・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます

絶対に見物などには行かないようにしてください。

 

・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキが付いているはずです

瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要な物です。

提供をお願いします。

 

・室内に居る時も避難口の確保をしてください

ガラスの破片で足を怪我すると、命取りになります。

 

・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツを包むだけでも

簡易ヘルメットになります。同じように足に巻けば履物になります。

 

・箪笥や冷蔵庫等の重い家具の位置をもう一度確認してみてください

人間は自分の体重の4倍の加重が胸部を圧迫した場合、

殆どの人が亡くなるそうです。

大人よりも子どものほうがリスクが高いという事です。

 

大きな揺れを感じたら、

1【守る】お子さんの頭を、体を守ってください。          

2【状況判断】落ち着いて冷静に状況を判断してください。

3【安全確保】落下物や倒壊物のないところへ移動してください。

 

                                           riko

 

プライバシーポリシー
Copyright © 2011-2017 横浜市港北区箕輪町HP委員会 All Rights Reserved.