◆管理人より◆

更新のお知らせや緊急時の情報をお伝えする為にtwitterを使用しております。HP内の青文字をクリックすると詳細ページやブログにいけます。スケジュールカレンダーの行事項目をクリックすると詳細が出ます。

 

ご神木の樹木診断について

樹木診断の様子
樹木診断の様子

箕輪町・諏訪神社の境内には、樹齢350年を越えるケヤキがあります。横浜市の古木・名木に指定され、諏訪神社のご神木として親しまれています。しかし、大木のため台風の大風では根元から幹を揺るがせ、周辺住民の方から心配だとの声が出ていました。

この度、樹木医の診断を受け、どのように対応すべきかについて検討中です。

ご神木の診断は、箕輪町在住の樹木医・池本三郎さんと玉川大学・農学部環境システム学科の山岡好夫教授並びにその研究生ら12人で平成25年12月25日に行われました。

検査方法は、幹の周囲に音波検知器を取り付け周囲の幹をたたき、振動の伝わり方から空洞の大きさを調べる音響トモグラフィー法です。

幹の横断診断(水色部が空洞)
幹の横断診断(水色部が空洞)

詳細な報告は、近日届く予定ですが、ご神木の下部には、大きな空洞が認められ、地表からから4~6メートルの高さでの剪定が必要かもしれません。

 

山岡教授からの報告書が届き次第、その結論を勘案し、周囲の安全のために、ご神木の剪定をする予定でいますので、よろしくご了解ください。

氏子会総代代表 

石川 稔

プライバシーポリシー
Copyright © 2011-2017 横浜市港北区箕輪町HP委員会 All Rights Reserved.