流しソーメンやったよ~!!

8月27日()お店の開店と同時に、買い出し部隊始動。空模様あやしいな~。昨年よりちょっと買い物の量を少なくしてみる。公園に着くと既にみんなほうきや熊手を手に掃除の真っ最中。「節を取って磨いて・・・」の作業を子ども達に体験してもらおうと竹を割いて待つが時間が来ても一向に子ども達が集まらない。結局スタッフ達で始めることに・・・。

作業を進めているとお父さんに連れられた幼児たち、幼稚園児達を中心にちらほらと集まってきた。みんなで竹をきれいにして、さぁいよいよ組み立てだ。今年は規模を縮小して2列のみ。竹に水を流してみる。傾斜・バランスを調整。子ども達は箸と器をしっかりと手に「ソーメンよ、いつでも流れて来い!」とばかりに竹を凝視。おいおい、みんなつゆ入れるのを忘れてる!!()

ソーメンが流れる。緊張の瞬間。歓声が起こる。ソーメンをうまくゲットできる子、できない子、親に取って貰う子。大人も一緒になって夢中で食べる。始まりました!笑顔の時間!!ただのソーメンなのに、流れるとなんでこんなに楽しいの!?竹に届かない(上で何が起こっているかわかってない)2歳児はいきなり下のザルへまっしぐら。「ここにこんなにソーメンがあるのにどうして誰も来ないの?」と言わんばかりに嬉しいひとり占め。

薬味の差し入れもありました。ソーメンだけでなくうどんも流れました。麺でお腹がいっぱいになったら、WAIWAI恒例の流し巨峰に流しゼリー。これにもワッと群がりあっと言う間に終了!!マシュマロ&ソーセージ焼きも大人気。人の群れが焼き物コーナーに移動したその間に、ソーメンコーナー撤収作業開始。

竹解体と同時に下に落ちたソーメンを残らず拾いもとの公園にもどしていく。竹で作った器を自由に持ち帰り、(昨年は家でもやりたいからと長い竹を持って帰った素敵家族もいたなぁ~) 少し残ったソーメンはどろっぷのインターンシップの学生さんのお土産に!!

こうして今年も無事流しソーメンを終えることができました。心配していた雨雲もなくなりすっかりいい天気に。例年に比べ参加人数は少なかったけれど今年はお父さん達の姿が目立ちました。「来年も楽しみ!!」の声も聞かれ、なによりみんなの笑顔が楽しさをもの語っていましたよ。

前日の竹の切り出しから始まり、今日の本番に集まってくれたスタッフ・町内のみなさん、今年もお世話になりました。どろっぷのみなさんありがとうございました。

                       RIKO

プライバシーポリシー
Copyright © 2011-2020 横浜市港北区箕輪町HP委員会 All Rights Reserved.